循環器トライアルデータベース

HOME h[トライアル名頭文字  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 91件 (1 〜 40件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
123

 
[主要論文:2002年02月]   [全論文最新:2002年02月]
HACAS [心室細動による心停止例]
軽度の全身低体温療法(目標体温32~34℃)と正常体温での標準治療とで神経学的転帰(6か月以内)を比較。低体温療法は良好な神経学的転帰を増加させ,死亡を抑制した。
[主要論文:2011年11月]   [全論文最新:2011年11月]
【meta-analysis】 スタチンと脳出血リスクの関連を示すエビデンスは得られず。仮にあるとしても絶対リスクは小さく,スタチンの心血管保護作用がそれを上回る。
[主要論文:2000年04月]   [全論文最新:2000年04月]
HAEST [心房細動での脳梗塞]
低分子heparinがaspirinよりも,早期(最初の14日間)の脳梗塞再発予防に優れているかを検討。低分子heparin≒aspirin。
[主要論文:1996年05月]   [全論文最新:1996年05月]
HALT [高血圧]
選択性α1遮断薬doxazosinの血圧,脂質プロフィール,冠動脈疾患のリスクに対する有効性と安全性を検討。doxazosinに有意な降圧・脂質改善・冠動脈疾患抑制効果を認める。
[主要論文:1999年08月]   [全論文最新:1999年08月]
HAPI [冠動脈疾患]
冠動脈インターベンションの成功後のheparinの至適投与量を決定するため,3種類の投与方法を比較。術後の虚血性合併症はheparinの有無に関わらず稀。heparinの持続投与は出血や血管合併症を惹起。
[主要論文:1987年10月]   [全論文最新:1987年10月]
HAPPHY [軽~中等症高血圧]
β遮断薬もしくはサイアザイド系利尿薬による降圧療法の効果を検討。降圧効果,冠動脈心疾患抑制効果:β遮断薬≒利尿薬。脳卒中抑制効果:β遮断薬>利尿薬。
[主要論文:2002年05月]   [全論文最新:2002年05月]
【学会情報 ACC 2002】
[主要論文:2012年01月]   [全論文最新:2012年01月]
【meta-analysis】 aliskirenとACE阻害薬またはARBの併用療法はそれぞれの単剤療法に比べて高カリウム血症のリスクが有意に増大。
[主要論文:1996年10月]   [全論文最新:1996年10月]
HARP [冠動脈心疾患]
LDL-C,HDL-Cを改善するための薬物併用治療の有効性と忍容性を検討。目標LDL-Cに達するために70%が併用投与を必要とする。pravastatin+nicotinic acid,pravastatin+gemfibrozilは忍容性が高く,脂質改善も良好。
[主要論文:1990年11月]   [全論文最新:1990年11月]
HART [急性心筋梗塞]
rt-PAによる血栓溶解療法後の治療法として,抗凝固薬heparinと抗血小板薬低用量aspirinの効果を比較。開存改善効果:heparin>aspirin*。死亡予防効果:heparin>aspirin。
[主要論文:2010年09月]   [全論文最新:2010年09月]
HART [軽症~中等症の心不全患者]
患者教育に1年間の自己管理カウンセリングの追加の有用性を検討する。死亡または心不全による入院抑制:患者教育+自己管理群≒患者教育群。
[主要論文:2001年08月]   [全論文最新:2001年08月]
HART II [急性心筋梗塞]
血栓溶解療法の併用療法として低分子量heparin(enoxaparin)が非分画heparin(UFH)に代わりうるかを検討。90分後の開存率,5,7日後の再灌流率:enoxaparin>UFH。有害事象:enoxaparin=UFH。
[主要論文:2001年03月]   [全論文最新:2001年03月]
HARTZ 
【学会情報 ACC 2001】
[主要論文:2008年04月]   [全論文最新:2008年04月]
HAT [植込み型除細動器の適応ではない前壁梗塞既往例]
家庭での自動体外除細動器(AED)の使用による現行の蘇生法を凌ぐ生存率の改善は認められなかった。
[主要論文:2008年04月]   [全論文最新:2008年04月]
HAT 
【学会情報 ACC 2008】 前壁梗塞既往例において家庭用自動体外式除細動器(AED)による生存率改善はみられず。
[主要論文:2001年11月]   [全論文最新:2001年11月]
HATS [冠動脈疾患を有する低HDL-C例]
simvastatin(HMG-CoA reductase阻害薬)+niacinと抗酸化ビタミン療法の単独あるいは併用療法の心血管予防効果を検討。転帰および冠動脈造影上で顕著に有効。抗酸化ビタミンの使用には疑問がある。
[主要論文:2006年06月]   [全論文最新:2006年06月]
【日本のトライアル】 高齢者における家庭血圧測定による心保護効果の検討。
[主要論文:2011年08月]   [全論文最新:2011年08月]
HCS 
【学会情報 ESC 2011】 耐糖能正常の冠動脈疾患患者において,空腹時および食後トリグリセライドは心血管イベントを独立して予測。
[主要論文:2003年11月]   [全論文最新:2003年11月]
HDOM 
【学会情報 AHA 2003】 多因子リスク低下プログラムが心血管疾患高リスクでありながら十分な医療を受けられない者のリスクを有意に低下。
[主要論文:2013年04月]   [全論文最新:2013年04月]
【meta-analysis】 4週以上かけて4.4g/日のゆるやかな減塩は,高血圧患者,正常血圧者において,性別や民族を問わず有意な降圧をもたらした。24時間尿中ナトリウム排泄量の低下と収縮期血圧の低下には用量反応関係が認められた。
[主要論文:2009年11月]   [全論文最新:2009年11月]
HEAAL [EFが低下したACE阻害薬不忍容の心不全患者]
ARB losartanの高用量(150mg)と低用量(50mg)の有効性を比較。死亡,心不全による入院の複合抑制効果:150mg群>50mg群*。
[主要論文:2009年11月]   [全論文最新:2009年11月]
HEAAL 
【学会情報 AHA 2009】 EFの低下したACE阻害薬不忍容の心不全患者において,ARB losartan 150mg/日投与は50mg/日に比べ,死亡,心不全による入院を有意に抑制。
[主要論文:2018年03月]   [全論文最新:2018年03月]
【meta-analysis】 多枝病変,特に糖尿病,複雑度の高い冠動脈病変例において,死亡抑制はPCI群よりCABG群のほうが大きかった。
[主要論文:2017年06月]   [全論文最新:2017年06月]
HeadPoST [急性脳卒中]
発症早期から24時間の完全な仰臥位(背部水平,顔上向き)による脳灌流増加が転帰を改善するかを座位治療と比較する実用的試験。modified Rankin scaleで評価した90日後の後遺障害度:仰臥位群≒座位群。
[主要論文:2000年03月]   [全論文最新:2000年03月]
HEAP [急性心筋梗塞]
高用量heparin投与による梗塞責任動脈の早期開存を検証。開存効果:heparin高用量>低用量。輸血を要する出血合併症抑制効果:低用量>高用量。
[主要論文:1997年06月]   [全論文最新:2004年05月]
HEART [急性心筋梗塞]
ACE阻害薬ramiprilの安全性と有効性を,発症後早期から投与する場合と遅れて投与する場合で比較。早期の最大用量投与は左室のリモデリングを弱め駆出率の改善率は最大。
[主要論文:2011年03月]   [全論文最新:2011年03月]
Heart Score [45~75歳の一般住民]
米国・ペンシルバニア州アルゲーニー郡でCVDのリスク層別化の改善,人種間差の確認,集団間差が生じるメカニズムを評価するために開始されたコホート研究。「心血管の健康」の向上のための健康指標の浸透は低く,黒人は達成度の低さの規定因子であったが,白人ともに達成には遠く及ばない。
[主要論文:2009年12月]   [全論文最新:2009年12月]
HeartMate II [心移植不適格の重症心不全患者]
左室補助デバイス(LVAD)の有効性を定常流型と拍動流型とで比較する。複合一次エンドポイント(2年後の生存,障害の残る脳卒中(Rankin score>3)非発生,デバイス不具合非発生)有効性:定常流型LVAD群>拍動流型LVAD群*。
[主要論文:2002年11月]   [全論文最新:2002年11月]
HEAT [慢性心不全患者]
標準治療にETA受容体拮抗薬darusentanを追加した場合の,用量ごとの血行動態および神経体液に及ぼす影響を検討。3週間後の心係数改善効果:darusentan群>プラセボ群*,肺毛細管楔入圧:darusentan群≒プラセボ群。
[主要論文:2001年09月]   [全論文最新:2001年09月]
HEAT-2 
【学会情報 ESC 2001】
[主要論文:2014年03月]   [全論文最新:2014年03月]
【学会情報 ACC 2014】 ST上昇型心筋梗塞に対するprimary PCI施行患者におけるMACE抑制は,未分画heparin群がbivalirudin群(いずれも‘bailout’ GPI併用)を有意に上回る。出血は両群同等。
[主要論文:2010年08月]   [全論文最新:2010年08月]
【学会情報 ESC 2010】 ST上昇型心筋梗塞初発患者において,PCI後のエリスロポエチン単回ボーラス静注による心機能改善はならず。
[主要論文:2014年02月]   [全論文最新:2014年02月]
HELP-VT [心室頻拍アブレーション例]
短期成功率は非虚血性拡張型心筋症(NIDCM)患者と虚血性心筋症患者で同等であったが,長期転帰はNIDCM患者のほうが不良。アブレーション後の心室頻拍誘発の完全消失は良好な長期転帰と関連。
[主要論文:2012年01月]   [全論文最新:2012年01月]
【meta-analysis】 経口抗凝固療法の自己モニタリングにより血栓塞栓イベントは有意に減少したが,死亡および大出血は減少せず。自己モニタリングは,年齢を問わず適応患者にとって安全な選択肢である。
[主要論文:2014年07月]   [全論文最新:2014年07月]
HERCULES [アテローム動脈硬化性腎動脈狭窄症を有するコントロール不良の高血圧]
9か月後のbinary再狭窄率は10.5%。収縮期血圧は植込み直後から有意に低下し,その後3年間低下が維持した
[主要論文:2016年09月]   [全論文最新:2016年09月]
【pooled analysis】 大血管閉塞による急性虚血性脳卒中患者において,早期の血管内血栓除去術(+薬物治療)は薬物治療のみにくらべ3ヵ月後の障害度が低かった。有意な有効性が認められたのは発症から7.3時間後までの施行例であった。
[主要論文:1997年10月]   [全論文最新:2002年09月]
HERO [急性心筋梗塞]
梗塞関連動脈の早期の完全な再灌達成のための抗トロンビン薬hirulog 2用量の安全性と有効性をheparinと比較。開存効果:hirulog>heparin*
[主要論文:2001年12月]   [全論文最新:2006年08月]
HERO-2 [急性心筋梗塞]
streptokinaseによる血栓溶解療法を受ける患者において,抗トロンビン薬bivalirudin(hirulog)の有効性をheparinと比較。30日以内の死亡抑制効果:bivalirudin≒heparin,再梗塞抑制効果:bivalirudin>heparin*。
[主要論文:1998年08月]   [全論文最新:2011年10月]
HERS [冠動脈心疾患が確認された閉経後の女性]
ホルモン補充療法(HRT)のCHD二次予防効果および安全性を検討。HRTに冠動脈イベント抑制効果なし。
[主要論文:2002年07月]   [全論文最新:2002年07月]
HERS II [閉経後の女性]
ホルモン補充療法(HRT)による冠動脈心疾患の二次予防効果を認めなかったHERS終了後の追跡試験。HERSで最終年に認められたHRT群のCHDイベントの低発生率は,試験終了後は持続せず,HRTは6.8年後に心血管イベントを抑制しなかった。
123
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd