循環器トライアルデータベース
トライアル検索
フリーワード検索
*検索について
トライアル名検索
1 4 5
A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z
疾患分類検索
薬効分類検索
薬剤名検索
治療法検索
キーワード検索
掲載トライアル一覧
meta-analysis, pooled analysis
日本のトライアル
Trial Review
開設10周年記念座談会
開設5周年記念座談会
AHA2012/ISH2012特別企画
用語説明
このサイトについて
— 広 告 —
アイミクス
アバプロ
アムロジン
ナトリックス
twitter
RSS
ライフサイエンス出版のEBM関連書籍
What's New 収載トライアル一覧
2017年4月25日 収載数 1652トライアル rss  twitter

●NEW(新規追加)
e-MUST [院外発症ST上昇型心筋梗塞患者]
病院到着前心停止(SCA)の関連因子を同定し,ルーチンに評価されている5因子(年齢,非糖尿病,非肥満,息切れ,胸痛からEMSコールまでの時間)を用いて作成したリスク予測スコアで,SCAリスクを推定できる。
SENTINEL [手術高リスクの症候性重度大動脈弁狭窄症]
経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)施行中の経カテーテル的脳塞栓保護(TCEP)は安全に実施でき,99%の患者で塞栓デブリを捕捉したが,神経認知機能に変化はなかった。

●UPDATE 
Hisayama Study(久山町研究) [1961年に開始された日本の疫学] Japan_small
歯を失うことと全認知症およびアルツハイマー型認知症リスク上昇の関係が示された。
IMPROVE-IT [ACS後のLDL-CがGL推奨値範囲内の安定患者]
再発予測ツールTRS 2°Pは,二次予防におけるスタチンへのezetimibe追加によるベネフィットが大きい高リスク患者の同定に有用。
JPAD [日本人2型糖尿病患者] Japan_small
低用量aspirinによるCVイベントの一次予防は10年後も認められず,消化管出血リスクが上昇した(JPAD2)。
ONTARGETTRANSCEND [血圧値が正常域内・ACE阻害薬に忍容性のない高リスク患者]
降圧治療でSBP<120mmHgを達成した例は心筋梗塞(MI),脳卒中を除くCVDリスクが高く,DBP<70mmHg例ではさらにMI,心不全による入院リスク増加と関連した。高リスク患者において低イベントリスクと関連する目標血圧値は120~130/70~80mmHg。

meta-analysis, pooled analysis」を更新
ST上昇型心筋梗塞患者における血栓吸引(Thrombectomy Trialists Collaboration)

2017年4月13日

ACC 2017発表トライアル
●NEW(新規追加)
ORION-1 [最大量のスタチン投与でも,LDL-C高値のASCVD高リスク患者]
低分子干渉RNA(siRNA)製剤inclisiranのさまざまな用量の皮下注によるLDL-C低下効果と安全性を検証する(第II相用量反応試験)。第180日のLDL-C値のベースラインからの変化:inclisiranの追加により血中PCSK9値およびLDL-C値はプラセボ群より有意に低下。LDL-C低下がもっとも大きかったのは300mg☓2回投与。

●NEW(新規追加)
CE-MARC 2 [冠動脈疾患が疑われる患者]
心臓MRI検査(CMR)に基づくケアは,NICEガイドラインまたは心筋シンチ検査(MPS)に基づくケアにくらべ不要な冠動脈造影を減少させるという仮説を検証。12か月以内の不要な冠動脈造影減少:CMR群,MPS群>NICEガイドライン群。CMR群≒MPS群。
Masked Hypertension study [降圧治療を受けていない健康な米国人就業者]
診察室血圧(CBP)-自由行動下血圧(ABP)差と年齢との関係を検討した。覚醒時ABPはCBPより高値だった。これは性差,人種を問わずみられ,特に若年者,正常体重者で顕著で,診察室正常血圧例のおよそ16%が覚醒中高血圧,すなわち仮面高血圧であった。

●UPDATE 
CALIBER [英国のプライマリケア受診者]
・正常範囲内でも好中球数と強く関連する初発CVD(心不全,心臓突然死,PAD,腹部大動脈瘤)もあるが,関連のみられないCVD(狭心症,出血性脳卒中)もあった。
・中等度飲酒量例でリスクが低い初発CVDもあるが,そうではないCVDもある。
MESA [米国の多人種(黒人,ヒスパニック,中国人)]
南米のチマネ族は感染性炎症リスクが高いものの,40歳以上で冠動脈の石灰化がないものが85%,75歳以上では65%。男性のほうが女性よりCACスコアが高いが,これまで最低スコアとされていた日本人女性よりも低かった。危険因子の保有が少なく,アテローム性動脈硬化のリスクは米国のおよそ1/5。
NHANES [米国国民健康栄養調査]
心血管代謝疾患死の半数近くが,ナトリウムや加工肉の多量摂取など食事因子の摂取が最適ではなかったことと関連。

meta-analysis, pooled analysis」を更新
高血圧とSBP≧110-115mmHgによる世界的な健康損失(1990-2015年:GBD 2015)

2017年4月4日

ACC 2017発表トライアル
FOURIER RE-CIRCUIT SPIRE Cardiovascular OUTCOME にコメントを追加

 対象患者に日本人が含まれているトライアル。
 
 
 
 
更新履歴
学会情報
ACC 2015
米国心臓病学会
2015/3.14~16
米国・サンディエゴ
AHA2014 AHA 2014
米国心臓協会学術集会
2014/11.15~19
米国・シカゴ
 アーカイブス
 
Trial Review
心不全 大阪府立成人病センター 総長 堀 正二
抗血栓療法 東海大学医学部内科学系(循環器内科) 後藤信哉
虚血性心疾患 天理よろづ相談所病院循環器内科 中川義久
京都大学大学院医学研究科内科系専攻内科学講座循環器内科学 木村 剛
済生会前橋病院循環器内科 中野明彦

東京大学大学院医学系研究科 薬剤疫学講座/循環器内科 林 同文
東京大学大学院医学系研究科 循環器内科 永井良三
脂質異常症 帝京大学内科 寺本民生
高血圧 東京都健康長寿医療センター 桑島巌
不整脈 富山大学大学院医学薬学研究部第二内科 井上博

▲pagetop
 
    --------------------
© 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd
EBM LIBRARY 大日本住友製薬
 
携帯版 編集委員 http://lifescience.co.jp/