循環器トライアルデータベース

NICE Combi
Nifedipine and Candesartan Combination

目的 本態性高血圧患者において,低用量のCa拮抗薬nifedipine徐放錠+AII受容体拮抗薬candesartan併用療法とcandesartan単独投与の臨床効果を比較する。
一次エンドポイントは血圧。
コメント 日本人を対象とした,しかも実地診療でしばしば迷うところである,単独増量化か併用かの問題に貴重な示唆を与えてくれる試験結果である。ARBを増量するよりもCa拮抗薬を併用することで降圧効果は増強してくるという結果をみる限り,「降圧はやっぱりCa拮抗薬」といった感を強くするとともに,少なくとも降圧ということを主眼におく限り第一選択薬としてARBから開始する理由はどこにもないようにも思える。惜しむらくは観察期間が16週と極めて短いこと,心血管イベントをエンドポイントにしていないことであるが,結果が示唆するところは極めて大きい。(桑島
デザイン 無作為割付け,二重盲検。
期間 追跡期間は16週間。
対象患者 258例。JSH2000の年齢による目標血圧(20~59歳:<130/85mmHg,60~69歳:<140/90mmHg,70~79歳:<150/90mmHg)を達成できていない本態性高血圧。
除外基準:重症高血圧(≧180/110mmHg),二次性高血圧,肺高血圧,6か月以内の心あるいは脳血管疾患,コントロールできない糖尿病(HbA1C≧8%),重症肝疾患あるいは腎疾患(クレアチニン値≧3.0mg/dL)など。
■患者背景:年齢;平均年齢(併用群55歳,単独群56歳);20~60歳(68.5%, 67.2%);60~70歳(24.6%, 24.2%);70~80歳(6.9%, 8.6%),男性(57.7%, 56.3%),血圧;平均血圧(153/97mmHg, 154/96mmHg);20~60歳(150/97mmHg, 151/97mmHg);60~70歳(158/97mmHg, 157/96mmHg);70~80歳(161/95mmHg, 166/96mmHg),心拍数(両群とも74拍/分)。
治療法 ベースライン治療として全例にcandesartan 8mg/日を8週間投与。
candesartan単独投与群(128例):12mgまで漸増投与,nifedipine+candesartan群(130例):nifedipine 20mg+candesartan 8mg。両群,1日1回朝食後投与を8週間。
結果 candesartan単独投与群で154/96mmHg→ 149/93mmHg,,nifedipine+candesartan併用群で153/97mmHg→ 140/89mmHgと両群とも有意に降圧したが(p<0.05),降圧度は単独投与群4.1/4.6mmHg,併用群12.1/8.7mmHgで併用群の方が有意に大きかった(p<0.0001)。サブグループ(心血管疾患危険因子[糖尿病,心電図上の左室肥大,高脂血症/高コレステロール血症,喫煙]で降圧度は併用群の方が有意に大きいか大きい傾向にあった。
降圧達成度(60歳未満[<130/85mmHg],60~69歳[<140/90mmHg],70歳以上[<150/90mmHg]は併用群で有意に高かった(収縮期血圧:併用群28.5% vs 単独群17.2%,p=0.0225,拡張期血圧:40.8% vs 27.3%,0.0164)。
脈圧の低下は併用群が3.3mmHgで単独群0.7mmHgよりも有意に大きかった(p=0.0031)。尿中微量アルブミン排泄は併用群で有意に低下した(中央値61.9mg/gクレアチニン→ 40.5mg/gクレアチニン,p<0.05)が,単独群では有意な低下はみられなかった(67.6mg/gクレアチニン→ 62.3mg/gクレアチニン)。
有害イベントは併用群53例(40.8%),単独群60例(46.9%)で両群間に有意差はみられなかった。試験薬に関連する有害イベントは10例(7.7%) vs 12例(9.4%)で両群間に有意差はなかった。
★結論★本態性高血圧患者において,nifedipine+candesartan併用投与は血圧コントロールおよび腎保護の点でcandesartan単独投与を凌ぐ。
文献
  • [main]
  • Hasebe N et al for the NICE Combi study group: Controlled-release nifedipine and candesartan low-dose combination therapy in patients with essential hypertension; the NICE Combi (nifedipine and candesartan combination) study. J Hypertens. 2005; 23: 445-53. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2005.12