循環器トライアルデータベース

LIMIT AMI
Limitation of Myocardial Infarction Following Thrombolysis in Acute Myocardial Infarction

目的 血栓溶解療法を施行した急性心筋梗塞(AMI)患者において,β2インテグリン接着受容体のCD18サブユニットに対する,リコンビナントのヒト化したモノクロナル抗体(rhuMAb CD18)の梗塞サイズ縮小効果と安全性を検討。一次エンドポイントは,90分後のcorrected TIMI frame count(CTFC)。
コメント AMIの再灌流においてreperfusion injuryはジレンマの一つである。動物実験では,白血球の接着を阻害するrhuMAb CD18が再灌流障害とそれに続く心筋の炎症を抑制することが示されているが,残念ながらヒトにおいては否定的な結果となった。その一因としては,対象症例がAMI発症12時間以内(平均3.3~3.4時間)と発症からの時間が長く,すでに冠動脈内皮細胞のバリア機能が失われている症例を多く含んでいたことが挙げられる。発症早期の症例に限定すればまた違った結論が出るのかもしれない。(中野中村永井
デザイン 無作為割付け,プラセボ対照,二重盲検,多施設(アメリカ合衆国およびカナダの60施設)。
期間 約120時間。実施期間は1998年9月~2000年3月。
対象患者 394例。2つ以上の連続する誘導で≧1mmのST上昇,あるいは30分以上の胸痛を有するAMI,発症から12時間以内。
除外基準:発症から>12時間,経口体温≧華氏101.5度(38.6℃),4日以内の血栓溶解療法,冠動脈手術既往,心原性ショック[昇圧剤を用いても収縮期血圧(SBP)<90mmHgあるいは薬物なしで<80mmHg],左脚ブロック,SBP>180mmHgおよび/あるいはDBP>110mmHg,過去6か月以内の出血障害,脳卒中あるいは一過性脳虚血発作あるいは中枢神経機能障害の既往など。
治療法 rhuMAb CD18 0.5mg/kg群(129例),2.0mg/kg群(131例),あるいはプラセボ群(134例)にランダム化。ランダム化はrt-PA投与前,あるいはaspirin(325mg)追加およびheparin静注(4000~5000Uボーラス投与後,800~1000U/時)からできるだけ早い時点で行った。rt-PA投与から90分後に冠動脈造影を実施。バルーンおよび/あるいはステント植込み,heparin投与期間,GP IIb/IIIa受容体拮抗薬の投与は任意。
CTFC,TIMI grade,TIMI myocardial perfusion gradeは,rt-PA投与後85~105分後に測定。梗塞の大きさは,投薬から≧120時間後に安静時99mTc-sestamibi 心筋血流シンチグラフィにより計測。ECGは試験開始時,rt-PA投与から90分後,180分後に実施。
結果 一次エンドポイントは3群間で有意差は認められなかった[rhuMAb CD18 0.5mg/kg投与群38フレーム(中央値),2.0mg/kg群35フレーム,プラセボ群33フレーム]。TIMI grade 3の獲得率はプラセボ群(66%)で,他の2群(58%,63%)より高かった。冠動脈血流,梗塞サイズ,ST上昇の消失にrhuMAb CD18の効果はなかった。
目立った有害事象は特に認めなかったが,rhuMAb CD18群に細菌感染のわずかな増加傾向が認められた(p=0.33)。
★結論★rhuMAb CD18は認容性は良好であったが,心エンドポイントの改善効果はなかった。
文献
  • [main]
  • Baran KW et al for the LIMIT AMI investigators: Double-blind, randomized trial of an anti-CD18 antibody in conjunction with recombinant tissue plasminogen activator for acute myocardial infarction; limitation of myocardial infarction following thrombolysis in acute myocardial infarction (LIMIT AMI) study. Circulation. 2001; 104: 2778-83. PubMed
  • [substudy]
  • TIMI gradeとST上昇の消失で評価した早期の灌流障害は,SPECT(single photon emission computed tomography:シングルフォトン断層撮影法)画像で確認のより大きな梗塞サイズと関連:Circulation. 2002; 105: 282-5. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2002.05