循環器トライアルデータベース

KIHD
Kuopio Ischaemic Heart Disease Risk Factor

目的 虚血性心疾患(IHD)の原因を探るため,フィンランドのKuopioで生まれた男性において心理的および行動関連リスク因子の生物学的メカニズムを検討。
デザイン 疫学。
期間
参加者 2682例。Kuopio地域から無作為に選別した2群から成る。
調査方法 最初の群は54歳1166例。検査日は54歳の誕生日近くを選んだ。全検査は1984年3月~'86年6月。一方の群は42,48,54あるいは60歳で層別化した1516例。検査は'86年8月~'89年12月の誕生日に近い日に実施。
結果 アルコール・コーヒー消費量,BMI,身体の良好さ,喫煙,HDL-C,LDL-C,白血球数,罹病:ISH,高血圧,糖尿病,脳卒中歴を調査。

[主な結果]
  • 魚の摂取による長鎖n-3多価不飽和脂肪酸(特にドコサヘキサエン酸)血中濃度の上昇で心房細動予防の可能性。
    ベースライン時に非心房細動 (AF) の男性2,174例 (平均年齢52.8歳) を平均17.7年追跡した結果。AF発症は240例:エイコサペンタエン酸+ドコサペンタエン酸+ドコサヘキサエン酸 (DHA) 摂取量の第1四分位(血清総脂肪酸濃度に占める割合<3.61%)群73/543例,第2四分位(3.62~4.35%)群53/544例,第3四分位(4.36~5.33%)群62/544例,第4四分位(>5.33%)群52/543例。第1四分位群と比較した第4四分位群のAFの調整後ハザード比(HR)は0.65(95%信頼区間0.44~0.96,傾向のp=0.07)。個別解析でAFリスク低下との関連を認めたのはDHAのみ(HR 0.62,0.42~0.92,傾向のp=0.02)。この関係は,ベースライン時またはAF発症前の心筋梗塞またはうっ血性心不全発症例233例を除くとわずかに強まった。中鎖n-3 PUFAであるα-リノレイン酸の血清濃度,毛髪中のメチル水銀濃度とAFリスクとの関連性は認められなかった(Virtanen JK et al: Serum long-chain n-3 polyunsaturated fatty acids and risk of hospital diagnosis of atrial fibrillation in men. Circulation. 2009; 120: 2315-21.)。 PubMed
  • 収縮期血圧による精神のストレスへの影響は確立しているリスク因子とは独立して頸動脈の内膜-中膜肥厚と有意に相関(Jennings JR et al: Exaggerated blood pressure responses during mental stress are prospectively related to enhanced carotid atherosclerosis in middle-aged Finnish men. Circulation. 2004; 110: 2198-203.)。 PubMed
  • 心血管疾患(CVD)死および全死亡は,ベースライン時にCVD,糖尿病を有していなくても,代謝症候群(metabolic syndrome:血糖およびインスリン代謝異常,肥満および腹部肥満,中等度の高脂血症,高血圧の併発)の男性で増加(Lakka HM et al: The metabolic syndrome and total and cardiovascular disease mortality in Mmiddle-aged men. JAMA. 2002; 288: 2709-16.)。 PubMed
  • 葉酸には心血管の健康促進効果がある(Voutilainen S et al: Low dietary folate intake is associated with an excess incidence of acute coronary events; the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Circulation. 2001; 103: 2674-80.)。 PubMed
  • 魚油(fish oil)由来の脂肪酸は急性冠動脈イベントのリスクを低下するが,魚の高水銀含有は本効果を減じる(Rissanen T et al: Fish oil-derived fatty acids, docosahexaenoic acid and docosapentaenoic acid, and the risk of acute coronary events; the Kuopio ischaemic heart disease risk factor study. Circulation. 2000; 102: 2677-9.)。 PubMed
  • 運動開始前の血圧は左室筋重量と相関,50歳未満の安静時血圧の高い症例では有意に相関:876例。42,48,58,64歳の4コホート(Kamarck TW et al: Anticipatory blood pressure responses to exercise are associated with left ventricular mass in Finnish men; Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Circulation. 2000; 102: 1394-9.)。 PubMed
  • 強い怒りと脳卒中の発症は有意に相関:2074例,平均年齢53歳(Everson SA et al: Anger expression and incident stroke; prospective evidence from the Kuopio ischemic heart disease study. Stroke. 1999; 30: 523-8.)。 PubMed
  • 精神的ストレスによる昇圧反応の悪化は有意に独立してアテローム性動脈硬化と相関:901例。42~60歳の4コホート(Kamarck TW et al: Exaggerated blood pressure responses during mental stress are associated with enhanced carotid atherosclerosis in middle-aged Finnish men; findings from the Kuopio ischemic heart disease study. Circulation. 1997; 96: 3842-8.)。 PubMed
  • 942例を4年間追跡:絶望(hopelessness)はアテローム性頸動脈硬化の進展を早め,慢性的な高い度合いの絶望は特に有害(Everson SA et al: Hopelessness and 4-year progression of carotid atherosclerosis; the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 1997; 17: 1490-5.)。 PubMed
  • 職場(職場の社会保障のレベルあるいは職場での身分)と死亡および心筋梗塞のリスクと相関しないが,死亡と所得は相関する(Lynch J et al: Workplace conditions, socioeconomic status, and the risk of mortality and acute myocardial infarction; the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Am J Public Health. 1997; 87: 617-22.)。 PubMed
  • 社会経済的ステータスはアテローム性疾患の早期の進展に有意に関係する(Lynch J et al: Socioeconomic status and progression of carotid atherosclerosis; prospective evidence from the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 1997; 17: 513-9.)。 PubMed
  • 最初の仰臥位血圧と体位変化による血圧には関連なし(2669例)(Wilson TW et al: Is the relationship between supine blood pressure and postural changes in blood pressure artefactual?; results from the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. J Hypertens. 1995; 13: 421-6.)。 PubMed
  • 2011例(42歳271例,48歳288例,54歳1192例,60歳260例)にみるフィブリノーゲンと社会経済学指標(職業,教育,収入,財産,幼少期の社会経済的ステータス)との関連:フィブリノーゲンと教育,収入,財産と逆相関(各p<0.001)にあったが,幼少期の社会経済的ステータスとはなかった(Wilson TW et al: Association between plasma fibrinogen concentration and five socioeconomic indices in the Kuopio ischemic heart disease risk factor study. Am J Epidemiol. 1993; 137: 292-300.)。 PubMed
  • Salonen JT: Is there a continuing need for longitudinal epidemiologic research? The Kuopio ischaemic heart disease risk factor study. Ann Clin Res. 1988; 20: 46-50. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2001.04
更新年月2010.01