循環器トライアルデータベース

Framingham Heart Study

目的 心血管疾患の原因となる因子および自然歴を大規模集団において長期間観察し明らかにする。
コメント 当初心血管疾患の原因をつきとめるために開始された疫学調査であるが,多くの因子が関与することが判明し,「リスク因子」という言葉を提唱した。結果に示されるようなリスク因子が同定されていった。心血管疾患とリスク因子についてのバイブル的研究である。(寺本
デザイン 疫学。
期間
参加者 1948年にFramingham在住の男女5209名を登録して試験開始。現在も継続中。開始時登録者のうち1998年2月時点で1095名が存命。登録時の年齢は30~62歳。1971年に対象者の子と配偶者5124名を追加登録。
調査方法 2年ごとにフォローアップ検診を行い,病歴聴取,身体所見,胸部X線,心電図,各種血液生化学検査を実施。
結果 下記参照
Framingham Heart Studyホームページ
http://www.framinghamheartstudy.org/
Framingham研究レビュー
築山久一郎,大塚啓子.薬理と治療. 2001; 29: 493-510.
http://www.lifescience.co.jp/yk/jpt_online/framingham/framingham.htm

[主な結果]
  1. 55歳以降のAF生涯リスクは推定37%で,55歳時の保有危険因子が至適な場合でもリスクは23.4%。1つ以上の危険因子保有者の場合,3人に≧1人がAFを発症。
    40歳以上のAF生涯リスクは25%と推定されている(Circulation 2004; 110: 1042-6. PubMed)。
    55歳,65歳,75歳時のリスク(保有危険因子*により至適・境界・上昇例に分類**)と心房細動(AF)の生涯(95歳まで,あるいは追跡終了の2014年12月31日)発症リスクの関係を評価した。
    * 喫煙,飲酒,BMI,血圧,糖尿病,心筋梗塞(MI)・心不全既往。
    ** 例えば血圧のリスク:至適(<120/80mmHg,高血圧治療なし),境界(120~139/80~89mmHg,高血圧治療なし),上昇(≧140/90mmHgおよび/あるいは高血圧治療あり)。
    オリジナル(5,209人)・オフスプリング(5,124人)・第3世代コホート(4,095人)のうち,55歳,65歳,75歳時点にAFではなかった人。
    55歳時の非AF例(5,338人[男性47%]:リスク至適4.6%,境界26.5%,上昇68.9%)は追跡期間中央値14年でAF発症816例。死亡の競合リスク調整後のAFの生涯リスクは37.0%(95%信頼区間34.3~39.6%),至適例:23.4%(12.8~34.5%),境界例:33.4%(27.9~38.9%),上昇例:38.4%(35.5~41.4%)。
    65歳時の非AF例(4,805人[44%];至適2.1%,境界19.2%,上昇例78.8%)は11年追跡でAF 1,023例。生涯リスクは33.7%(31.9~35.5%),至適例:18.1%(6.7~29.4%),境界例:26.1%(22.0~30.1%),上昇例:35.8%(33.8~37.9%)。
    75歳時の非AF例(3,199人[40%];1.0%, 15.4%, 83.6%)は8年追跡で776例。生涯リスクは30.8%(28.9~32.7%),至適例:15.4%(1.3~29.5%),境界例:23.6%(19.1~28.2%),上昇例:32.2%(30.0~34.3%)。
    全保有危険因子が至適だった場合,AF生涯リスクは75歳時:15.4~55歳時:23.4%だったが,危険因子の≧1つがリスク上昇の場合の生涯リスクは≧37.8%。リスク上昇例のうち,保有危険因子が1つの場合の生涯リスクは55歳時:37.8%,65歳時:35.7%,75歳時:29.2%,2つの場合はそれぞれ38.8%, 36.0%, 34.9%,≧3つの場合は39.1%, 35.9%, 34.4%。
    AFの生涯リスクの強い予測因子は,男性,55歳時の高血圧治療,BMI 35kg/m²,高飲酒量,MI・心不全既往(Staerk L et al: Lifetime risk of atrial fibrillation according to optimal, borderline, or elevated levels of risk factors: cohort study based on longitudinal data from the Framingham heart study. BMJ. 2018; 361: k1453.)。 PubMed
  2. 親の早期発症高血圧と子どもの高血圧リスクは強く関連するが,後期発症高血圧は関連しない。また早期発症例は後期発症高血圧例よりCV死,特にCAD死のリスクが高い。
    親の高血圧発症時期(55歳未満 vs 65歳以上)と子どもの高血圧発症,高血圧発症年齢と心血管(CV)死リスクとの関係を検証した(Framingham Heart Studyオリジナルコホート3,614人,非高血圧者の第2世代[Framingham Offspring Study]コホート1,635人[31.6~33.3歳])。
    平均追跡期間26年で,第2世代コホートの高血圧発症例は481例(29.4%)。子どもの高血圧発症リスクが最も高かったのは,両親とも早期発症(55歳未満)高血圧例だった場合(327人:最も低かった両親とも非高血圧例[107人]とくらべた調整ハザード比3.45;95%信頼区間[CI]1.93~6.14, p<0.001), 次いでどちらかの親が早期発症高血圧の場合(721人:2.04;1.18~3.54, p<0.05),片親または両親が後期(65歳以上)発症高血圧の場合には有意差はなかった(480人:1.50;0.85~2.68)。
    オリジナルコホートのCV死は1,151例,冠動脈疾患(CAD)死は630例。高血圧発症年齢が低いほどCV死のオッズ比は直線的に上昇した(傾向p<0.001)。なお非CV死は2,463例。
    45歳未満の高血圧発症例の非高血圧者とくらべたCV死のオッズ比は2.19(95%CI 1.77~2.70),CAD死:2.26(1.75~2.93)。一方,後期発症高血圧例はCV死:1.47(1.16~1.87),CAD死:1.36;0.98~1.87;45歳未満と65歳以上発症間のオッズ比差p≦0.002(Niiranen TJ, et al: Heritability and risks associated with early onset hypertension: multigenerational, prospective analysis in the Framingham Heart Study. BMJ. 2017; 357: j1949.)。 PubMed
  3. フラミンガム脳卒中リスクプロファイルを改訂。現代の傾向,リスクを反映させ,一般住民の脳卒中リスクをより正確に予測。
    10年脳卒中リスク予測ツール Framingham Stroke Risk Profile(FSRP)は,1960~’70年代の危険因子保有状況(年齢,性別,収縮期血圧,降圧治療,ECG上の左室肥大,心血管疾患[CVD],現喫煙,心房細動,糖尿病)と’70~80年代の脳卒中発症率をもとに作成されたもので,当時にくらべると脳卒中発症率も危険因子の保有状況も大きく変化した。そこで,1990年以降のデータを用いて新FSRPを作成し,旧FSRPはフランスの研究,米国のREGARDSで過大評価したことを受け,2つの外部コホート,REGARDS(米国の黒人・白人一般住民;追跡期間5年),フランスのコホート研究3 Cities(3C:≧65歳の低リスク一般住民;10年)で検証した。
    新FSRPの作成のために,現代のリスクを反映している新FHSコホート(オリジナルコホートの’88~92年・’99~2001年検診参加者,オフスプリングコホートの’87~91年・’98~2001年検診参加者;合計5,072人,≧55歳)の危険因子保有状況(左室肥大は低保有率のため除外)と10年追跡の脳卒中発症率データを使用した。本コホートの推定5年脳卒中発症率はREGARDSとは差がなかったが(男性:2.9% vs 3.1%,女性:2.2% vs 2.7%),3Cとくらべた推定10年発症率は約2倍の高さだった(11.3% vs 5.4%, 10.4% vs 4.1 %)。新FHSコホートで新旧FSRPによる予測リスクを実際の発症率と比較すると,旧FSRPはリスクを過大推定したが(calibrationχ2統計量[>20で実測値と有意に解離]:男性64.0,女性42.5),新FSRPは過大推定しなかった(12.1, 4.1)。新FSRPは3Cでも良好な予測能を示したが(≧65歳:12.5, 6.5),REGARDSでは白人(20.4, 28.5)にくらべ黒人で過大推定した(25.6, 102.4)(Dufouil C et al: A revised Framingham stroke risk profile to reflect temporal trends. Circulation. 2017; 135: 1145-59. Epub 2017 Feb 3.)。 PubMed
  4. 6年の追跡で,皮下脂肪・内臓脂肪量蓄積の増加,脂肪密度の低下は,BMI,腹囲,SAT・VATと独立してCVD危険因子の経時的悪化と関連することが示され,そのリスクは内臓脂肪量のほうが大きかった(第3世代コホートCTサブスタディ):J Am Coll Cardiol. 2016; 68: 1509-21 →詳しく
  5. 認知症発症の経時的傾向-1977年以降の30年間で減少。減少に寄与した因子は完全には同定できず:N Engl J Med. 2016; 374: 523-32. →詳しく
  6. 心房細動,50年間の動向-一般住民の有病率,発症率は男女ともに増加。その背景にAF発症後の死亡リスクの低下とAFの調査の強化が:Lancet. 2015; 386: 154-62. Epub 2015 May 7. →詳しく
  7. 続発性AFの長期予後-AFの31%が続発性。5.4年後の再発リスクは非続発性より低いとはいえ15年後に62%が再発。脳卒中,死亡は非続発性AFと同等ながら,心不全リスクは低い:Circulation. 2015; 131: 1648-55. →詳しく
  8. 脳内微小出血(CMB)-一般住民(66.5歳)の8.8%にみられ,脳葉型が63%。高血圧は深部型と,総コレステロール低値,アポリポ蛋白E ε4は脳葉型と関連する。スタチンはCMBリスクと独立して関連:Stroke. 2014; 45: 1492-4. →詳しく
  9. 未治療の心血管疾患低~中リスク例のリスク再評価のタイミング:BMJ. 2013; 346: f1895. →詳しく
  10. 収縮性・拡張性心不全の特徴と予測因子:Eur Heart J. 2012; 33: 1734-41 →詳しく
  11. 先行する心機能障害,その他の臓器障害は心不全の発症を加速:Circulation. 2011; 124: 24-30. →詳しく
  12. 親,兄弟にAF発症者がいる人は,いない人に比べて8年以内のAF発症リスクが40%増大:JAMA. 2010; 304: 2263-9. →詳しく
  13. 親が65歳未満で脳卒中を発症した子どもの脳卒中リスクはおよそ3倍:Circulation. 2010; 121: 1304-12. →詳しく
  14. 大動脈スティフネスはCVD初発のリスクと関連:Circulation. 2010; 121: 505-11. →詳しく
  15. non-HDL-C高値,HDL-C低値と心筋梗塞,心不全リスク:Circulation. 2009; 120: 2345-51. →詳しく
  16. 糖尿病患者と非糖尿病患者の危険因子の経時的変化の違い:Circulation. 2009; 120: 212-20. →詳しく
  17. 拡張性心不全と収縮性心不全とでは病因,発症時の臨床背景に違いが:Circulation. 2009; 119: 3070-7. →詳しく
  18. 1950~2005年の全死亡,CVD死の傾向:Circulation. 2009; 119: 1728-35. →詳しく
  19. 脳卒中に性差あり:Stroke. 2009; 40: 1032-7. →詳しく
  20. AF発症リスク例を同定-10年推定リスクスコア:Lancet. 2009; 373: 739-45. →詳しく
  21. CVDの予測度の高い血圧値は?:Circulation. 2009; 119: 243-50. →詳しく
  22. 1970~’99年の30年間で心筋梗塞初発後の心不全発症は増加したが,死亡率は低下:Circulation. 2008; 118: 2057-62. →詳しく
  23. 親が高血圧で正常血圧の子どもはCRP値が高い:Hypertension. 2008; 52: 381-6. →詳しく
  24. 禁煙にはネットワーク現象(network phenomena)が関連:N Engl J Med. 2008; 358: 2249-58 →詳しく
  25. プライマリケア医が高リスク患者を見極めるための一般的なリスク評価ツール:Circulation. 2008; 117: 743-53. →詳しく
  26. 正常血圧・非糖尿病例の高血圧発症予測リスクスコア:Ann Intern Med. 2008;1 48: 102-10. →詳しく
  27. KCNH2遺伝子の一般的変異はQT間隔の延長の持続と関連:Circulation. 2007; 116: 1128-36. →詳しく
  28. Third generation(第3世代)コホートプロトコール:Am J Epidemiol. 2007; 165: 1328-35. →詳しく
  29. 大動脈スティフネス異常とその関連因子:Circulation. 2007; 115: 2628-36. →詳しく
  30. CVDリスクとしての糖尿病:Circulation. 2007; 115: 1544-50. →詳しく
  31. 脈圧と新規AFの関連:JAMA. 2007; 297: 709-15. →詳しく
  32. 非脳卒中例の50年以上にわたる脳卒中の傾向:JAMA. 2006; 296: 2939-46. →詳しく
  33. うっ血性心不全の発症:Hypertension. 2006; 47: 861-7. →詳しく
  34. 50歳時に高血圧だったものの予後:Hypertension. 2005; 46: 280-6. →詳しく
  35. 拡張期高血圧,収縮期高血圧と予測因子:Circulation. 2005; 111: 1121-7. →詳しく
  36. 心不全,MI既往のない例でのQRS時間と左室肥大の:J Am Coll Cardiol. 2005; 45: 685-9. →詳しく
  37. 肥満はAFの重要で改善可能なリスク因子:JAMA. 2004; 292: 2471-7 →詳しく
  38. 1950~'66年の糖尿病例のCVD:JAMA. 2004; 292: 2495-9 →詳しく
  39. 無症候性の男性:Circuation. 2004; 110: 1920-5. →詳しく
  40. 40歳以上の男女におけるAFの生涯リスク:Circulation. 2004; 110: 1042-6. →詳しく
  41. 1950~'99年の心臓突然死,それ以外の冠動脈(nonsudden CAD)死の経時的傾向:Circulation. 2004; 110: 522-7. →詳しく
  42. マトリックスメタロプロテアーゼ-9濃度:Circulation. 2004; 109: 2850-6. →詳しく
  43. 両親の早期(父親<55歳,母親<65歳)CVD発症は平均年齢44歳の男女におけるイベントの独立した予測因子:JAMA. 2004; 291: 2204-11. →詳しく
  44. ヘマトクリットの低下とその後の性差:J Am Coll Cardiol. 2004; 43: 1276-82. →詳しく
  45. 糖尿病の罹患期間が10年長くなるごとにCADリスクは1.38倍,CAD死のリスクは1.86倍:Diabetes Care. 2004; 27: 704-8. →詳しく
  46. 心血管疾患の危険因子は腎臓病新規発症と関連:JAMA. 2004; 291: 844-50. →詳しく
  47. 非うっ血性心不全の予後追跡期間5.2年で56例がCHF:Ann Intern Med. 2003; 139: 642-8. →詳しく
  48. 無症候性左室収縮不全とそのリスク:Circulation. 2003; 108: 977-82. →詳しく
  49. 致死的CADの患者背景:JAMA. 2003 20; 290: 891-7. →詳しく
  50. AFにおける脳卒中,死亡の予測リスクスコア:JAMA. 2003; 290: 1049-56. →詳しく
  51. AF後のうっ血性心不全発症,あるいはその逆の症例の予後:Circulation. 2003; 107: 2920-5. →詳しく
  52. 心筋梗塞の既往がない高齢者:Circulation. 2003; 107: 1486-91. →詳しく
  53. 僧帽弁輪部石灰化はCVD,死亡リスク上昇と関連:Circulation. 2003; 107: 1492-6. →詳しく
  54. 新規うっ血性心不全と血圧,脈圧:Ann Intern Med. 2003; 138: 10-6. →詳しく
  55. 左室筋重量,左室壁の増加は耐糖能低下をさらに悪化:Circulation. 2003; 107: 448-54. →詳しく
  56. 40歳のうっ血性心不全発症の生涯リスク:Circulation. 2002; 106: 3068-72. →詳しく
  57. 脂肪摂取はHDL-Cへの肝性リパーゼ[-514(C/T)遺伝子多型]の効果を制限:Circulation. 2002; 106: 2315-21. →詳しく
  58. 過去50年間における心不全発症の性差:N Engl J Med. 2002; 347: 1397-402. →詳しく
  59. CRP高値は冠動脈石灰化の増加と関連:Circulation. 2002; 106: 1189-91. →詳しく
  60. 脳ナトリウム利尿ペプチド,N-terminal proatrial natriuretic peptideと左室筋重量増加,左室収縮機能不全:JAMA. 2002; 288: 1252-9. →詳しく
  61. 心臓性失神例と原因不明の失神例のリスク:N Engl J Med. 2002; 347: 878-85. →詳しく
  62. 過体重,より軽度の肥満も心不全のリスク因子なのか?:N Engl J Med. 2002; 347: 305-13. →詳しく
  63. 腹部大動脈石灰化に遺伝性因子が関係:Circulation. 2002; 106: 337-41. →詳しく
  64. 血清カリウムと現在の血圧,高血圧の進展との関連:Am J Hypertens. 2002; 15: 130-6. →詳しく
  65. 55歳~65歳のstage 1あるいはそれ以上の高血圧になる生涯リスク:JAMA. 2002; 287: 1003-10. →詳しく
  66. 過去の血圧は現在の血圧よりも将来のCVDリスクの重要な決定因子:Circulation. 2002; 105: 48-53. →詳しく
  67. 入院を要する血栓塞栓性脳卒中と出血性脳卒中:Stroke. 2002; 33: 230-6. →詳しく
  68. 正常高値血圧例および正常血圧例の4年間での高血圧へ進展頻度:Lancet. 2001; 358: 1682-6. →詳しく
  69. 正常高値血圧例はCVDリスクが上昇:N Engl J Med. 2001; 345: 1291-7. →詳しく
  70. フィブリノーゲン高値と血小板凝集上昇:Circulation. 2001; 104: 140-4. →詳しく
  71. 低PLPはホモシステインに関係なく高CRPと関係:Circulation. 2001; 103: 2788-2791. →詳しく
  72. 血小板凝集と遺伝性の因子:Circulation. 2001; 103: 3051-6. →詳しく
  73. 加齢に伴いCADリスクの予測因子はDBP→SBP→脈圧
    へと移行:Circulation. 2001; 103: 1245-9. →詳しく
  74. アルコール摂取量,アルコールのタイプと間欠性跛行の関連:Circulation. 2000; 102: 3092-7. →詳しく
  75. SBPと死亡率:Lancet. 2000; 355: 175-80. →詳しく
  76. HDL-Cと死亡率:Arteriosclerosis. 1988; 8: 737-41. →詳しく
  77. 軽度の腎機能障害症例でのCVD:Kidney Int. 1999; 56: 2214-9. →詳しく
  78. Q波梗塞後のイベント発症における時間の傾向:Circulation. 1999; 100: 2054-9. →詳しく
  79. 脈圧はCADリスクと正の相関:Circulation. 1999; 100: 354-60. →詳しく
  80. うっ血性心不全患者における正常EFと低下したEF:J Am Coll Cardiol. 1999; 33: 1948-55. →詳しく
  81. 心拍拍動の遺伝の可能性:Circulation. 1999; 99: 2251-4. →詳しく
  82. 正常血圧者における運動中のSBPとDBPの関係:Circulation. 1999; 99: 1831-6. →詳しく
  83. 1950~'89の降圧薬の使用率および年齢調整有病率:N Engl J Med. 1999; 340: 1221-7. →詳しく
  84. 10年間のCAD発症リスクスコア:Circulation. 1998; 97: 1837-47. →詳しく
  85. 高血圧と心不全:Arch Intern Med. 1996; 156: 1789-96. →詳しく
  86. 女性におけるCADのリスクは閉経後に3倍になり,男性と比べた優位性が失われる:Arch Intern Med. 1995; 155: 57-61. →詳しく
  87. 左室重量と脳卒中:JAMA. 1994; 272: 33-6. →詳しく
  88. 50歳以上において総コレステロールのみの検査ではCADを適切に同定できない可能性が:Arteriosclerosis. 1988; 8: 207-11. →詳しく
  89. 30年間の心筋梗塞発症:Ann Intern Med. 1991; 115: 687-93. →詳しく
  90. フィブリノーゲンと心血管疾患リスク:JAMA. 1987; 258: 1183-6. →詳しく
  91. 女性におけるCADの代謝性リスク因子:Am Heart J. 1987; 114: 413-9. →詳しく
  92. HDL-C,総コレステロールとCADとの関連:JAMA. 1986; 256: 2835-8. →詳しく
  93. 肥満はCVDの独立した危険因子: Circulation. 1983; 67: 968-77. →詳しく
  94. 食事とCAD:Circulation. 1981; 63: 500-15. →詳しく
  95. 心理社会的因子とCAD:Am J Epidemiol. 1978; 107: 384-402. →詳しく
  96. 閉経とCVD:Ann Intern Med. 1976; 85: 447-52. →詳しく
  97. 血圧と脳卒中:JAMA. 1970; 214: 301-10. →詳しく
  98. 運動とCAD:Can Med Assoc J. 1967; 96: 811-2. →詳しく
  99. 新規CADの発症例の発症疾患と患者背景の性差:Ann Intern Med. 1961; 55: 33-50. →詳しく
  100. 喫煙とCAD:Circulation. 1960; 22: 164-6. →詳しく
  101. 教育レベルとCAD:Am J Public Health. 1959; 49: 1349-56. →詳しく
  102. 新規のアテローム動脈硬化性心疾患:Am J Public Health. 1957; 47: 4-24. →詳しく

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09
更新年月2018.06