J-STARS hsCRP
hsCRP in Japan Statin Treatment Against Recurrent Stroke
高感度CRPと脳卒中再発との関連の検討(脳梗塞発症例においてHMG-CoA reductase阻害薬pravastatinの二次予防効果と安全性を検討するJ-STARSのサブスタディ)。
目的: 脳梗塞を発症しpravastatinを投与している高脂血症患者において,pravastatinのCRPに及ぼす効果および高感度CRPと脳卒中再発との関連を検討する。
一次エンドポイントは高感度CRP。
二次エンドポイントは脳卒中再発症。
デザイン: 無作為割付け,オープン。
セッティング:
期間: 2004年3月試験開始,終了は2010年8月の予定。
対象: 1200例の予定。45~80歳の男女。発症後1か月~3年の心原性塞栓症を除く脳梗塞;30日以内のスタチン系薬剤を服用していない高脂血症および総コレステロールが180~240mg/dLの症例。
除外基準:TOAST分類に従い特殊な原因による脳梗塞;虚血性心疾患でスタチン系薬剤の使用が必要なもの;出血性素因;3か月以内に血小板数≦10万/μL;3か月以内にアラニンアミノトランスフェラーゼあるいはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ≧100IU/L;3か月以内にクレアチニン≧2mg/dLなど。
方法: pravastatin群,対照群。
結果:
ClinicalTrials.gov identifier: NCT00361699
ClinicalTrials.gov(米国医学図書館運営の臨床試験登録公開ウェブサイト)
(アクセス日2006年12月18日)より

print 〕  〔 close