循環器トライアルデータベース
HOME
トライアル検索
フリーワード検索
*検索について
トライアル名検索
1 4 5
A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z
疾患分類検索
薬効分類検索
薬剤名検索
治療法検索
キーワード検索
掲載トライアル一覧
学会情報
meta-analysis, pooled analysis
日本のトライアル
Trial Review
用語説明
Topic
開設10周年記念座談会
開設5周年記念座談会
AHA2012/ISH2012特別企画
このサイトについて
ライフサイエンス出版のEBM関連書籍
Trial Review

●主要学会レポート●
2019年
ACC(2019)
2018年
AHA(2018)
2015年
ACC(2015)

国際脳卒中会議 (International Stroke Conference:ISC)2012 Brief Report
2012.2.1-3・ニューオリンズ

ここでは,Late-Breaking Science Oral Abstractsから5報を簡単にご紹介します。

掲載トライアル  ARISTOTLE, SAMMPRIS, SWIFT, SPS3, WARCEF

ARISTOTLE
Apixaban Compared with Warfarin in Patients with Atrial Fibrillation and Prior Stroke or Transient Ischemic Attack

サブグループ:脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)の既往のある心房細動患者(3,436例[18%])

apixabanはwarfarinにくらべて脳卒中または全身性塞栓症の再発を24%,大出血を27%,頭蓋内出血を63%抑制した。

ARISTOTLEは,脳卒中の危険因子を有する心房細動患者の,脳卒中,全身性塞栓症予防において,新規経口抗凝固薬である第Xa因子阻害薬apixabanはwarfarinより優っており,出血,死亡リスクは低かったことを示した。追跡期間1.8年。

presenter: J. Donald Easton, MD ( University of California San Francisco, US )
UP
SAMMPRIS
Outcome of Patients in the SAMMPRIS Trial Who Had Failed Antithrombotic Therapy at Study Enrollment

発症から30日以内のTIA/脳卒中患者(451例)のうち,発症時に抗血栓療法を受けていたものは286例(63%)

発症時の抗血栓療法の有無を問わず,主結果と同様に積極的内科治療は経皮的血管形成術+ステントを追加した場合よりも有効な可能性が示される。

SAMMPRISは,発症から30日以内のTIA/脳卒中患者において,積極的内科治療(aspirin+clopidogrel併用療法とリスク因子管理)と経皮的血管形成術+ステント留置術(PTAS)併用治療を比較していたが,PTAS群における30日後の脳卒中,死亡の発生率が有意に上昇したため,早期に中止された(N Engl J Med. 2011; 365: 993-1003)。

presenter: Helmi L. Lutsep, MD ( Oregon Stroke Center OHSU, US )
UP
SWIFT
Primary Results of the SOLITAIRE™; with the Intention for Thrombectomy (SWIFT) Multicenter, Randomized Clinical Trial

機械的血栓除去を要する急性脳梗塞患者(144例)

迅速な血流回復が期待されるステント型血栓回収デバイスSOLITAIRE™は先行の血栓回収デバイスMERCI®にくらべ,症候性頭蓋内出血回避再開通達成率を有意に増加(60.7% vs 24.1%)。追跡期間90日。

presenter: Jeffrey L. Saver, MD ( Geffen School of Medicine at UCLA, US )
UP
SPS3
The Secondary Prevention of Small Subcortical Strokes Trial: Results of the Antiplatelet Intervention

症候性皮質下小梗塞(ラクナ梗塞)患者(3,020例)

aspirin+clopidogrel併用療法はaspirin単剤療法を上回る脳卒中二次予防効果を示さず(2.5%/年 vs 2.7%/年),全死亡リスクは1.5倍,大出血リスクは2.0倍に増大。

SPS3は,皮質下小梗塞患者における二次予防,認知機能低下抑制,主要血管疾患抑制のための戦略を検討している,抗血小板療法と降圧治療のfactorial試験。今回の発表はデータ安全性モニタリング委員会の勧告に基づき2011年6月11日に予定より早く終了した抗血小板療法の結果。降圧治療試験は2012年5月終了予定。

presenter: Oscar Benavente, MD ( University of British Columbia, Canada )
UP
WARCEF
Results of the Warfarin versus Aspirin in Reduced Cardiac Ejection Fraction Trial

至適心不全治療を受けている洞調律のEF≦35%の患者(2,305例)

warfarinとaspirinの脳卒中および死亡予防効果は同等(7.47%/年 vs 7.93%/年)。大出血はwarfarin群で有意に増加(1.78%/年 vs 0.87%/年)。追跡期間3.5年。

presenter: Shunichi Homma, MD ( Columbia University Medical Center, US )
UP

    --------------------
(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd
 
携帯版 EBM LIBRARY